ラ・クラ プレゼンツ クリスマス葡萄会 feat.wine bar Accatone
rakra11.12月号
「ソムリエと行く テロワールを探す旅」
スピンオフ・イベント
rakra presents

2018年12月8日(土)

18:30~20:30(予定)
場所:岩手県公会堂 21、22号室
(岩手県盛岡市内丸11-2)
会費:5,000円(税込)※要予約
申込締切:11/30(金)

rakra11.12月号「ソムリエと行く テロワールを探す旅」スピンオフ・イベント。
ソムリエ松田さんのトークと、ラ・クラに掲載したワイン6種を味わっていただけるワイン会です。

「地質を抜きにして、ワインを語ることはできません」
そう語る、ソムリエの松田さんが、北東北のワインをセレクトしてくれました。
「世界一わかりやすい地質とワインの話」を聞いてrakraに掲載したワインを、実際に味わってみましょう。
地質とテロワールを感じてください。
北東北のワインとフードを味わう夕べ、ぜひ。


イベント内容

18:30~19:00
第一部:ソムリエ松田のお話「世界一わかりやすい地質とワインの話」

19:00~20:30
第二部:ブッフェスタイルのワイン会
フリードリンク(ワイン6種とスパークリングワイン)ブッフェスタイルのフード

STORY

rakra2018年11.12月号「ソムリエと行く テロワールを探す旅」でソムリエの松田宰さんと、旅に出ました。

松田さんは、盛岡を拠点に活躍するソムリエ。地質に着目し研究を続けている松田さんは、言います。「地質を抜きにして、岩手のワインを語ることはできません。岩手の東側の地質は、ワインの地ヨーロッパと肩を並べるほど、素晴らしいんですよ」と。

そこで、取材班は松田さんと共に、車を走らせました。山肌が見えているところに立ち寄っては、地質を見て、ブドウ畑では、土を触って見たり、石を拾ったり。行き着いた先は、ワインのテイスティングルーム。ぶどう畑を見学した後のワインは、いつもより深く味わうことができました。

ラ・クラの誌面を実際に体験

大人の遠足とは、まさにこのこと。そこで、ラ・クラ取材班の体験を実際に、読者にも味わってほしいと、イベントを企画しました。
「ラ・クラpresents クリスマス葡萄会」は松田宰さんが営むワインバー・アッカトーネとの共催イベントです。
ソムリエ松田さんの「世界一わかりやすい地質とワインの話」を聞いて、ワインのテロワールを感じてみませんか。

イベント当日にはワイナリーが参加

ラ・クラ誌面で紹介したワイン6種を味わうことができます。北東北各地のワイン、それぞれの個性を感じてください。イベント会場には、ワイナリーのスタッフも参加します。

お知らせ

2018.11.14
盛岡を中心に活動中のアコースティックユニット「FLAT」さんの生ライブ決定
2018.11.14
オフィシャルページを開設しました。

ワイン提供リスト

岩手
下田澤山ぶどう園(九戸村)「陽のしずく」

下田澤山ぶどう園(九戸村)

「陽のしずく」

ヤマブドウの凝縮した果実味と緻密な酸、その奥に潜むマグネシウムの野太い余韻。アルコール分は8%と低めがゆえに、表情が隠れることなく捉えやすい。岩手のヤマブドウのあり方を正しく導く1本。鴨肉のカシスソースや力強い赤身の短角牛もお勧め。

岩手

エーデルワイン(大迫町)

「ハヤチネゼーレ ツヴァイゲルトレーベ樽熟成2015」

オーストリア原産の赤ワイン用ブドウ品種。蛇紋岩に咲くハヤチネウスユキソウとオーストリアのエーデルワイスは姉妹花。つまり大迫の土は、オーストリアの品種ツヴァイゲルトレーベに合う。本場に引けを取らない味。ジャパンワインチャレンジ2018銅賞。

岩手

エーデルワイン(大迫町)

「シルバー 赤沢メルロー2015」

「シルバー」には、大迫メルローと赤沢メルローの2種がある。エーデルワインでは、同じメルローでも産地ごとに醸造。産地の違いを楽しむことができる。赤沢メルローは、鉄を感じる味わい。ジャパンワインチャレンジ2018銅賞。

秋田

天鷺ワイン(由利本荘市)

「プラムワイン高城」

豊富な水を蓄え、天然の貯水庫といわれる鳥海山。その恵みが日本有数のプラム産地を育んでいる。瑞々しいプラムは、飲んだ時に水の気配を感じさせながら、しっかりとした酸味と甘みを残す。酢豚、きりたんぽ鍋、清流で育った魚と合わせたい。驚くほど醤油に合うワイン。

秋田

小坂七滝ワイナリー(小坂町)

「ワイングランド2017」

鉱山があった小坂町では、玄武岩、案山岩が堆積する。火山性土壌のワインの特徴として、華やかで心地よい酸は、外向きなエネルギーを持ち、口の中で停滞しない抜けの良さが魅力。いぶりがっこやスモークチキンなど、燻した料理と相性がいい。

青森

澤内醸造(八戸市)

「スパークリングワイン Wa(わっ)」

北部北上帯の上部に位置する八戸は、石灰岩を多く含むエリア。石灰岩由来のやわらかいミネラルの奥に感じるほのかな塩味が味をひきしめ果実味を浮びあがらせる。キッシュやパテなどのアンティパスと(前菜)、シーフードのマリネなども試してみたい。

ソムリエ紹介

松田 宰(Matsuda Tsukasa)PROFILE

松田 宰(Matsuda Tsukasa)

遠野市生まれ。1993年、JSA公認ソムリエ資格取得。
2002年、遠野市の姉妹都市、イタリア・サレルノ市に民間大使として派遣される。
2014年、オーストリアワイン大使選抜コンテスト金賞。
自身が経営するワインバー・アッカトーネでワインの魅力を発信するとともに、
ビギナーでも楽しく学べるワイン講習会も多数開催し、人気を呼んでいる。
2013年、著書「Vinissimo」(ヴィニッシモ)を発刊。

会場マップ

岩手県公会堂 21.22号室
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-2

注意事項

  • 専用駐車場はご用意しておりませんので、公共交通機関をご利用ください。
  • 20歳未満の飲酒は固く禁止されておりますので、本イベントにはご参加できません。
  • 車輌を運転してお帰りのお客様には、アルコール類のご提供は致しかねます。
  • イベントの中断もしくは中止の場合の旅費等の補償はできません。
  • 会場内で係員の指示及び注意事項に従わずに生じた損害・事故については、主催者は一切責任を負いません。
  • 会場内で発生した事故や盗難等について主催者は一切の責任を負いませんので、お客様の責任において対応をお願いします。
  • 当日、会場にてご本人確認をさせて頂く場合がございます。
  • イベント会場ではお荷物のお預かりは一切できません。
  • 会場までの交通費・宿泊費等はお客様の自己負担となります。
  • イベントの進行に関することはスタッフの指示にご協力頂くようお願い致します。
  • イベントへのお子様連れでのご参加は、ご遠慮ください。
  • 予約申込いただいた後、キャンセルをされる場合は2018年12月6日(木)17:00までにsupport@rakra.jpまで連絡をお願いします。

参加予約申込

本イベントは完全予約制となります。
参加ご希望の方はお電話またはメールフォームからご予約お願いします。
会費:5,000円(税込)
会費は、当日イベント会場受付にお渡しください。

free drink(ワイン6種とスパークリングワイン)
ブッフェスタイルの料理

【予約申込】2018年11月30日(金)まで/定員80名

お電話での予約申込

ワインバー アッカトーネ(18:00~翌1:00日曜休)
019-624-3310
ワインバー アッカトーネ 松田
090-8461-7196
川口印刷工業㈱ rakra編集室(平日9:00~17:00)
019-632-2211

メールフォームからの予約申込

以下のボタンをクリックして、フォームに入力後送信してください。

申込フォームへ

↑ページTOPへ